プレイコイ小学校建設活動(1校目)

フンセン首相から感謝状!

カンボジアのフンセン首相から、感謝状とメダルを頂きました!
プレイコイ小学校建設に対してです。

Img_7871

内容は・・・

                      カンボジア政府
                 国の発展に貢献された功労賞

                  下村 誠 殿  国籍:日本
                  1校舎5教室、および備品等。
         コンポンチャム州、コンポンシアム郡、スロク町、プレイクイ村

          あなたはカンボジア国民のために、大きく貢献されました。
           よってここにその大いなる功績を称え表彰いたします。

             番号:590-令    プノンペン 2009年4月9日
             2009年4月9日    首相  (首相のサイン)
             リスト:621       首相  フンセン

これからも、カンボジアの子供たちのために、募金活動など頑張っていきます!

「学生でも出来る!!」アジア教育支援@カンボジア by IVUSA
http://www.ivusa.com/dv5/new/2008/AsianEducationalSupport/top.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞に掲載されました

プレイコイ小学校が開設された模様が、カンボジアの新聞「レアッスマイ・カンボジア新聞(2008年11月18日付け)」に掲載されました。

Photo_27

「学生でも出来る!!」アジア教育支援@カンボジア by IVUSA
http://www.ivusa.com/dv5/new/2008/AsianEducationalSupport/top.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレイコイ小学校の募金報告

プレイコイ小学校の募金活動のご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

多くの方々にご賛同いただき、2008年10月、カンボジアに1校目の小学校を開設することが出来ました。
2007年10月から2008年9月までにご協力を頂いた「プレイコイ小学校建設募金」を対象に、集計金額と使途のご報告をさせて頂きます。

■送金報告(KHJ.Co.,Ltdへ送金)
 第1回送金 2008年4月23日 2,075,997円
 第2回送金 2008年7月7日   1,256,850円
 第3回送金 2008年9月11日  865,909円
  (建設資金に対する募金額の不足分は、IVUSAが補填し、寄付しました)

22_2 32

学校には、募金して頂いた方々の名前入りプレートを贈呈しました。
ご協力頂いた皆様、本当に有難うございました!オークン!!

募金活動の詳細はこちらをご確認ください。
http://www.ivusa.com/dv5/new/2008/AsianEducationalSupport/report/20081030.shtml

 

「学生でも出来る!!」アジア教育支援@カンボジア by IVUSA
http://www.ivusa.com/dv5/new/2008/AsianEducationalSupport/top.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレイコイ小学校が開設!!

2008年10月、カンボジア王国プレイコイ 村に新しい小学校が開設されました!!
ご協力頂いた多くの皆様に、心から御礼申し上げます。オークン!!

23_3
164名の生徒が2教室しかない校舎に通っていましたが・・・

Photo_25
5教室に約300名の子供が通えるようになりました!!

Photo_22

Photo_24 Photo_26
子供たちが、いつまでも元気に学校で学ぶことができますように!!

プレイクイ小学校開設についての報告はこちら
「preykuy_school_report.pdf」をダウンロード

「学生でも出来る!!」アジア教育支援@カンボジア by IVUSA
http://www.ivusa.com/dv5/new/2008/AsianEducationalSupport/top.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレイコイ小学校の贈呈式

Photo_14
IVUSA学生がプレイコイ村から発つ日、州の教育長さんや郡長さん、村長さんをはじめ、村人やこの学校に通う子供たちみんなが集い、学校の贈呈式を執り行いました。

Photo_15
日本から持ってきた文房具などのギフトを、子供たちにプレゼントしました。
ボールや楽器などは、学校でみんなが使えるようにと、校長先生にお渡ししました。
文房具など寄付いただいた日本のスポンサーの皆さま、ありがとうございます!

Photo_16
学校もあと少しで完成です!!

「学生でも出来る!!」アジア教育支援@カンボジア by IVUSA
http://www.ivusa.com/dv5/new/2008/AsianEducationalSupport/top.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「運動会」を開催!

プレイコイ村での最終日、村の方々へ感謝の意を込めて「運動会」を開催しました。
カンボジアには体育の授業がありません。もちろん、子供たちにとっても初の「運動会」。

Photo_7
まずは、子供たちを整列させるところから始め・・・

Photo_8
競技の仕方を、着ぐるみを着てデモンストレーション。

Photo_4 Photo_6
徒競争や障害物競争、玉入れ、リレーなどを行いました。
子供たちは100名ほど。村人たちも音楽を聞きつけて、ワラワラと集まってきました。

Photo_10
パン食い競争ならぬ、バナナ食い競争。

Photo_11
スッポンポンの少年も・・・ 

Photo_5
最後は、全員で輪になってヨサコイを踊りました。
村全体が笑いに包まれ、IVUSA学生にとっても、子供たちにとっても、一生の思い出になりました!

「学生でも出来る!!」アジア教育支援@カンボジア by IVUSA
http://www.ivusa.com/dv5/new/2008/AsianEducationalSupport/top.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレイコイ村はこんなところ

IVUSAが1校目に建設した学校がある村は「カンボジア王国コンポンチャム州コンポンシェアム区プレイクイ村」。  こんなところです!!

11jpg
村の入り口。道路は舗装されていません。州の中心地から車で40分ほど。

111
カンボジアの伝統的な高床式の家。電気もガスも水道もありません。

Photo_12
道路はしばしば「牛渋滞」。

1111
村の人にとって、初めての「日本人」。子供たちは、スッポンポンです。

2008080501373 2008080501376
カンボジア流の歓迎の印「ココナッツ」。貴重なココナッツを全員にご馳走して下さいました。

Photo_20

プレイコイ村は、世帯数161世帯。人口は700名強です。そのうち、0歳~15歳の人口は約550名。ベビーブームです。
小学校の就学率は約60%ですが、5年生に進級するのはそのうち20%。
3年生以上の生徒は、1時間歩き隣村の学校に通っています。
児童労働の影響もあり、卒業できない子供が多いのは、この村に限らずカンボジアの地域に共通した課題です。
私たち日本人学生に出来ること、たくさんあります。

「学生でも出来る!!」アジア教育支援@カンボジア by IVUSA
http://www.ivusa.com/dv5/new/2008/AsianEducationalSupport/top.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレイコイ村に大学生が!

IVUSAの学生会員45名が、2008年8月5日~24日まで、小学校建設の手伝いを行うため、プレイコイ村を訪れました!

Photo
成田を出て8時間(時差が2時間)。プノンペンに到着です。日本のスポンサーの方から、カンボジアの子供たちに寄付する文房具等のギフトをお預かりしてきました。

15 Photo_2
首都プノンペンからバスに揺られること3時間。プレイコイ村に到着です。
村に住む大勢の子供たちが、お出迎えをしてくれました。
右の写真は、現在、子供たちが通っている学校です。

Photo Photo_2
私たちが訪れたときには、↑このくらい、学校が出来上がっていました!
いま使ってる学校に入りきらないときは、新校舎内のグランドで青空教室です。

Photo_3  Photo_4
校舎を作る職人さんの手伝いや教室内の整地作業、グランドの整備、通学路の舗装作業、また学校敷地内に牛が入り込み草を食べて荒らすことを防ぐために柵作りなどを行いました。

Photo_17  Photo_18
毎日、子供たちが作業の手伝いに(邪魔しに!?)遊びに来てくれました。

Photo_19 2008080500695
子供たちは、軍手好き・・・ ちょっと目を離したすきに、自分の物にしてしまいます。

「学生でも出来る!!」アジア教育支援@カンボジア by IVUSA
http://www.ivusa.com/dv5/new/2008/AsianEducationalSupport/top.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校ができるまで

  既に建設されてしまっていますが、建設の様子をご報告します・・・

1_4

建設は、コンポンチャム州教育・青年・スポーツ省の認可を受けた学校の設計図面に沿い、計画的に進められます。

Photo_11

まずは、建設に使う水を確保するための井戸を作ります。

Photo_4  Photo_5
次は、基礎工事。建物のを支え地盤沈下などの恐れがないように、慎重に作業を進めていきます。

Photo_6 Photo_7
土台をしっかり作った後は、壁面作り。カンボジアの建設工事で最もポピュラーな赤レンガを使って作っていきます。

28 Photo_8
井戸水を浄水した水を混ぜ合わせたセメントを塗り、コンクリート作りの頑丈な建物へと強度を増していきます。教室内にはカンボジア式の教壇を(写真:右)。この教壇がないと、たくさんの子供たちが教室で勉強する際に、黒板の板書が見えなくなってしまいます。

Photo_9 Photo_12  
カンボジアのスコールはすごい勢いで降るので、それに負けないように頑丈な屋根を作る必要があります。隙間ができないように、一つひとつ丁寧に作業を進めます。
また、校舎の前はコンクリートで固め、校庭との段差を作ります。それにより、雨水が校舎へ侵入することを防ぎます。

Photo_13
ここまでで学校の形はほぼ完成!着工を始めてから、約3か月です。
あとは、ペンキを塗ったり、机などを搬入するだけです。

「学生でも出来る!!」アジア教育支援@カンボジア by IVUSA
http://www.ivusa.com/dv5/new/2008/AsianEducationalSupport/top.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校建設活動の始まり ~プレイコイ村の学校~

 
子供たちが通っている学校です。

Photo_2 11

生徒数164名に対し教室数は2個。
本来であれば、村の子供たちが全員この学校に通えれば良いのですが、教室数が少ないため、3年生以上の生徒は近隣の学校に通っています。
就学率は60%ですが、児童労働や学校が遠いなどの影響で、5年生に進級するのはそのうち20%。


「村の子供たち全員が勉強を出来る場所を作りたい」
村人たちは金を出し合い、新校舎を建設するための土地を買ったそうです。

Photo_3

村人たちがお金を出し合って学校建設のための土地を用意している。
貧しい人たちが、自分たちの負える責任を背負って、学校を欲しがっている。

カンボジア学校建設活動、1校目の校舎を、この村に建てることに決めました。
1階建て5教室の校舎で、建設費用は約400万円です!!


「学生でも出来る!!」アジア教育支援@カンボジア by IVUSA
http://www.ivusa.com/dv5/new/2008/AsianEducationalSupport/top.shtml

| | コメント (0) | トラックバック (0)